大型の家電や家具などの粗大ゴミを大阪市で捨てるまでの流れ 

大阪市での粗大ゴミを捨てるまでの流れ 

粗大ゴミを捨てるには、まずは大阪の市役所の粗大ゴミ受付に電話をして、捨てられる種類のゴミを聞くことが大切です。家具でもどのサイズまでならOKか、じゅうたんは取り扱っているか、何曜日の何時が都合がいいから集荷に来てもらえるかを電話で問い合わせましょう。
大阪では、平日の月曜日から金曜日までに集荷をすることが多く、時間帯は昼休みを除く、朝の9時から16時までが電話での受付時間を設けています。予約が多いので、都合のいい日時が決まったら、早めに事前申し込みをするのもポイントです。多くの人が利用しますから、なかなか都合のいい日時に予約が取れないことがあります。
電話ではまずは粗大ゴミを集荷して欲しい住所と電話番号、名前を伝えます。出したい場所から取引額に応じた粗大ゴミの処理券というものが必要になります。集荷してもらいたいものにそれぞれの枚数が必要となります。
収集は月曜から金曜となりますから、その間で都合のいい日時を決めておくのがポイントです。これで受付が完了です。受付はファックスでも可能です。電話と同じように必要な情報を告げましょう。この粗大ゴミを集荷してもらいた時には、大阪では1枚あたり300円の処理券を粗大ゴミ処理券取扱店で買いましょう。この券はスーパーやコンビ、市役所の売店、文具店などでも売っていますから、事前に買っておきましょう。

大型の家電や家具などを粗大ゴミと言う

粗大ゴミとは日常生活で使っていたけど、使わなくなったから捨てたいと思う大型のゴミのことを言います。大きなゴミとはベットやダイニングテーブル、タンス、学習机、食器棚、ソファなどをいいます。
一般家庭で使われている大きなゴミとは暖房などの石油器具、クーラー、照明器具、電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機、デスクトップ、液晶テレビなどの電気製品などです。掛け布団や敷布団、マットレスなどの寝具類、ゴルフバッグやサーフボードなどの大きなスポーツ用品、ブラインドや趣味のための棚とケースなど、実に様々な大型のものを粗大ゴミといいます。敷物やホットカーペットは1畳を越える大きさのものとなりますし、自転車は16インチ以上のものが対象となります。ステレオセットは幅が80cm以上のもの、ミニコンポステレオセットなら幅が80cm未満までとなります。箱物家具は幅と高さを合わせた合計が180cm以下となり、テーブルは最大で辺が1.5m以上が対象となります。ガス台や流し台、犬用などのペット小屋、下駄箱、外で使われていたような物置、ベビーチェアー、オットマン、仏壇、押入れタンス、カラーボックスなど、実に大型の様々なものが粗大ゴミの対象となります。
扇風機や掃除機、網戸、雨戸、ふすまなども大阪市の業者では粗大ゴミとして集荷しています。

粗大ゴミを業者に頼む時は大阪市の業者に頼む

粗大ゴミを業者に頼む時はどうするのかと悩んだら、まずは大阪の粗大ゴミ回収業者が多く登録している一括見積もりができるサイトで簡単に何を集荷してもらいたいか、どこに来てもらいたいかという情報を入力して、見積もりを出してもらうといいでしょう。
色々な粗大ゴミ業者からの見積もりを簡単に出すことができ、比較しては1番安い業者に依頼するか、いかにサービスのいいかという条件から選んでは選ぶのもいい方法です。
地元スタッフが家に訪問してくれたり、何度も粗大ゴミを回収をしてくれるというサービスを行っているところもあります。部屋の片付けまで頼める業者までありますし、ゴミ屋敷を片付けてくれる業者もあります。自分がいいなと思うサービスを行う業者から選ぶと便利ですよ。
すぐに粗大ゴミを片付けたいのなら、大阪の回収業者に直接電話してみましょう。24時間いつでも対応する大阪の業者なら、365日、いつでもウェブからお問い合わせが可能です。都合のいい日時に現地見積もりをしてくれます。深夜でも全国対応して、最短で30分で来てくれる業者もあるので急いでいる人には便利です。
口コミサイトでも人気ランキングで業者を紹介しているので、そこから利用者が安心だと考える業者を選ぶこともポイントです。

粗大ゴミ処理の業者を大阪市で探している方は要チェック!
【粗大ゴミ・不用品(不要品)回収なら大阪市のダストレ】  http://dustole.jp/

おすすめの情報

粗大ゴミ回収業者の選定の仕方は対応で選ぶ

粗大ゴミ回収業者の選定の仕方は、その処分代ですね。大阪には色々な粗大ゴミ処分業者がありますが、明らかに処分代が高すぎるなと思う業者は辞めておいた方が無難です。また、見積もりや出張料金…

この記事を読む

粗大ゴミの処理方法

いざ今日から心機一転、断捨離するぞ!!と決めたものの、不用品、粗大ごみをどうしようと思った事はありませんか?燃えるゴミ、不燃物、資源ゴミ、粗大ごみ、分別して、決まった曜日に決…

この記事を読む

住んでいる所で粗大ゴミ費用はこんなに違う

家庭用のごみ収集は基本的に市区町村が管轄していますよね。ごみ処理の費用は市区町村によって大きく違ってきます。粗大ゴミの収集の場合ではどうでしょうか。例えば、同じ大阪府であっても、大阪…

この記事を読む

粗大ごみの手続きは市区町村ごとに異なります

粗大ゴミ収集の手続きは、市区町村によって異なってきますが、大きな流れとしては次のようになっています。なお、以下の記述は主として大阪市の規定にしたがったものです。(1)粗大ゴミ…

この記事を読む